コラム

小学受験が子どもの将来に与える影響

望めば100%大学進学が叶う時代になっています。一見すると幸せなことのようですが、裏をかえせば大学の二極化が進んでいるとも言えます。ただ、進学して卒業するだけでは将来にとってマイナスでしかありません。なるべく早い時期に目標を見付けて、それに向かって邁進することが求められます。

人生は生涯にわたって競争が続きます。良い企業に入るためには、良い大学や良い高校に入ることが必要です。近年は小学受験をする子どもが増えていて、産まれたその瞬間から英才教育を施す親御さんも多いようです。小学受験を突破すれば、長いスパンで人生設計を立てることが出来ます。大学までストレートに内部進学が出来るケースもありますし、勉強もスポーツも継続的な指導が受けられるメリットがあります。公立の学校に比べて私立は、ハード面が充実しているので学業に専念するには最高の環境だと言えます。

続きを読む

国立小学校受験をするのはどんな家庭?

一般的に受験は中学卒業時の高校受験からの人が多くなるでしょう。そして厳しい大学受験に進む人もいます。そんな中に小学校から受験をする人もいます。小学校は義務教育ですから通常は受験は必要ありません。地元の市区町村立の小学校に通うことになります。でも子供のことを考えて別の小学校受験をさせることがあります。受験が必要な学校に国立と私立があります。

私立の小学校は中学校、高校、更に大学までエスカレーター式で進学できるところが多いです。大学までなくてもかなり厳しい指導によって上の学校を目指せます。国立小学校受験の場合は私立と同じように考えてはいけません。エスカレーター式ではありませんからすべての人が内部進学できるわけではありません。更には受験が抽選で行われる学校もあります。

続きを読む

ご両親必読!小学校受験対策の重要な準備

子どもの将来を考えた際にいい学校に行かせることが目的であれば、小学校受験を考えると思います。早い段階に素晴らしい教育環境を整えることは子どもの人格形成や学力に大きく影響を与えるため、小学校受験もその素晴らしい教育環境を整えるための手段といえます。

小学校の受験なので、準備は幼稚園や保育園の段階から始まります。もっと早い生まれた時から始めている人もいます。しかし、子どもの準備も大事ですが、小学校受験で大切なのは親の準備がもっとも重要となります。なぜならば、子どもは小学校受験の重要性を完全に理解していないからです。

続きを読む