国立小学校受験をするのはどんな家庭?

国立小学校受験は一般的な家庭でも可能

一般的に受験は中学卒業時の高校受験からの人が多くなるでしょう。そして厳しい大学受験に進む人もいます。そんな中に小学校から受験をする人もいます。小学校は義務教育ですから通常は受験は必要ありません。地元の市区町村立の小学校に通うことになります。でも子供のことを考えて別の小学校受験をさせることがあります。受験が必要な学校に国立と私立があります。

私立の小学校は中学校、高校、更に大学までエスカレーター式で進学できるところが多いです。大学までなくてもかなり厳しい指導によって上の学校を目指せます。国立小学校受験の場合は私立と同じように考えてはいけません。エスカレーター式ではありませんからすべての人が内部進学できるわけではありません。更には受験が抽選で行われる学校もあります。

私立小学校を目指す場合はかなり準備が必要とされますが、国立の場合は必ずしも準備が必要なわけではありません。一般的な家庭でも行くことは可能です。もちろん何もしなくて良いわけではなく、平均的な標準的な対応などが出来なければいけません。でも裕福でないといけない、受験のための学校に別途通わないといけないなどは必要ありません。学費も私立のように高くはありません。